2022/02/17 Posted by
にしわがチョイス

1年中美味しい。西わらび 楽しみ方特集 Vol.87

こんにちは!西和賀町役場ふるさと振興課の内記です。

極寒の中、熱い戦いが繰り広げられている北京オリンピックですが、西和賀の2月もかなりの極寒です。
積雪の深さが2メートルを超え、いたる所が雪の壁状態です。

吹雪の合間に、小屋の除雪。
背丈より高い雪の壁を登り、雪の上を歩く時に非常に便利なのが、雪国先人の知恵「かんじき」です。

レジャー用の「スノーシュー」に、木と縄で作った様なかんじきを装着し、慣れないながらも作業を進めると、改めて先人たちの生活の知恵を感じる事ができます。

除雪の手を休め、ふと遠くを見ると雪化粧した美しい志賀来山のスキー場が目に留まり
冬のレジャーもグルメもあと少しだな~と名残惜しい気持ちになりながら、きっと先人だって冬の季節を楽しんだはずではないか?などと想いを馳せてみる。

寒さが緩む3月には、「かんじき」を履いて志賀来山に登り
大好きな地酒で一杯やりたいな~と思う今日この頃です。

┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸
 目次
1〜3. 手軽に美味しい!西わらびをご紹介
(おまけ)北国から感謝を込めて。ナラ薪と地域の贈り物

┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰

西和賀町「かんじき」と「志賀来山」 2022.2.9 Photo by 内記良伸

西和賀町「かんじき」と「志賀来山」 2022.2.9 Photo by 内記良伸

根昆布だし醤油漬けわらび

西和賀町の山菜と言えば、人気でその名が広まりつつある
ブランド山菜の “西わらび”です。

アクやスジが少なく、豊富な粘りと柔らかさが特徴で
味が濃く、わらびの風味をたっぷり堪能出来ます。
そんな“西わらび”の美味しい食べ方を3種、ご紹介いたします。

まず1つ目は、
贅沢に北海道産根昆布だしにたっぷり漬けた、
「西わらびの根昆布だし醤油漬け」。

色合いや風味にこだわって作られていて、
西わらびの青い色・香りに、だしがプラスされ
上品に味わえます。

水洗い不要で、開けてそのままいただける優れもの。

和風サラダもおすすめですが、やっぱり「そのまま」で!
根昆布だしがきいて、地酒にも合う一品です。

【 「西わらびの根昆布だし醤油漬け」はこちらから 】

大容量西わらび水煮

2つ目は、
5月から6月に集荷した生わらびを塩蔵保存したこちら。
業務用量を寄附者様向けに特別に返礼品にされたという、
たっぷり大容量のわらび水煮パックです。

塩抜き処理済なので、軽く水洗いして
カットするだけでいただけます。

西和賀町民は、旬の時だけでなく一年中いただく為に
わらびを塩蔵保存して使うのが一般です。

色んな食べ方が出来るので、とても重宝されています。

お浸しでも、鰹節や南蛮醤油、マヨネーズ醤油など。
お味噌汁の時は、キノコとの相性が抜群です。
西和賀名物郷土料理の納豆汁では、〈わらびが主役〉だってこと、
皆様ご存知でしょうか。

大容量なので惜しげなくお使いいただき、
さまざまなお料理で西わらびをお楽しみいただいてはいかがですか。

【 「大容量わらびの水煮」はこちらから 】

塩蔵保存した西わらび水煮

3つ目は、
先程ご紹介した大容量わらびをお試し量に詰めた返礼品です。
旬の生わらびを塩蔵した後塩抜きしているので、
こちらも手軽にいただけます。

お試しでいただくにも丁度いい量で、
お遣いにしていただく時も 喜ばれている水煮パックです。

「一度食べてみたい」「少しお裾分けしたい」
そんな方にピッタリ。

繊維質が柔らかいという特徴の“西わらび”。
「サクサク」と楽しめる食感も、おすすめしたいひとつです。

西和賀の春を、一度お試しください。

【 にしわが 「西わらび水煮」各種はこちらから 】

(おまけ)北国から感謝を込めて。ナラ薪と地域の贈り物

薪ストーブや暖炉など、日常使いの燃料として
好評をいただいている北国育ちの「ナラ薪」。

西和賀町へいつもご寄附をいただいている
皆さまへの感謝を込めて、3月までの期間限定で
「カラフル軍手」を薪と一緒にお届けしています。

カラフル軍手を作っているのは、西和賀町の福祉施設
〈ワークステーション 湯田・沢内〉の皆さん。

地域で働き暮らす皆さんとの連携・応援の思いも乗せた贈り物です。

【 ワークステーション湯田・沢内の「カラフル軍手」はこちらから 】

【 ご紹介したにしわが の「薪」はこちらから 】

  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2022/02/17