2022/09/22 Posted by
にしわがチョイス

豊かな香りと独特なほろ苦さがクセになる!秋の本番西和賀町!!vol.105

こんにちは!にしわがチョイスです。

空を見上げれば、うろこ雲
心地よい風が、黄金色の稲穂を揺らす
西和賀の秋の始まり。

近所のおばあちゃんも
「おうちにいたら寒いくらい!」と
晴れた日はお散歩に出掛けています。

気をつけないと夜、13℃程になり
戸締りしないと風邪を引いてしまうくらいです。

この時期の寒暖差が、実は毎年綺麗な紅葉を
運んで来てくれます。

┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸┸
 目次
1. 雪国の知恵、独特のほろ苦さがおいしいばっけ味噌
2. 芋の子汁に欠かせない、豊かな香りのきのこ缶3種
(おまけ)農事組合法人アースコネクト おかわり必至、黄金色に輝く新米の季節

┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰

(2022年9月19日「稲架(はさ)掛け」〈西和賀では はせかけと言う〉した稲穂 Photo taken by 小田島早恵)

雪国の知恵、独特のほろ苦さがおいしいばっけ味噌

春を告げる山菜「ばっけ」
食べたことがありますか?

ばっけとは「ふきのとう」のこと
秋田や岩手で使われている呼び方です。

(にしわがのふきのとう)

ばっけ(ふきのとう)は
カリウムを多く含むので、塩分を排出し
むくみをとったり、血圧を下げる効果が
あると言われています。

苦味成分には肝機能を強化し、
新陳代謝を促進、活性酸素などの発ガン物質を
抑制する効果があるとも。

各家庭でいろんなこだわりを
持って作られている、ばっけ味噌。

ばっけの柔らかな葉っぱだけを
有機農法で栽培した西和賀産大豆の味噌
と合わせて作っています。

シンプルにホカホカの新米の上にのせて
独特な苦みが病みつきです。
他にも、天ぷら、おひたし、和え物
田楽やお肉の付け合わせ
変わり処では、ピザトーストの具材にもよく合います。

ばっけ(ふきのとう)の香りを
1年中楽しめるよう丁寧に作りました。

【 ばっけみそ はこちらから  】

芋の子汁に欠かせない、豊かな香りのきのこ缶3種

西和賀町の秋といえば、きのこ!

芋の子汁の具材として
欠かせない、おいしい出汁のでる きのこ。

あるおじいちゃんは、春は山菜、秋はきのこ
冬はカゴ編みで生計をたてているとか
西和賀の山の恵みは有難いものです。

(にしわがのきのこ:さわもだし)
これからの季節西和賀の産直には
様々なきのこ缶が並びます。
天然のきのこは
香りや、味わいの濃さが違います。

なめこの大きさには
あれ?これはほんとになめこ?!
と驚くサイズが入っていることも。

さわもだしは、ほのかに甘い香りと
出汁がどんな料理にも良く合います。

むきたけは白色で柔らかく
ボリュームがあるけどクセがなく
ツルリとした舌触りは
山のフカヒレと呼ばれています。

そんなきのこを缶詰にして
いつでも楽しんでいただけるようにしました。

西和賀の秋の恵み存分に楽しんで頂ける3種セット
是非とも試してみてはいかがでしょうか?

【 西和賀きのこ(なめこ、むきたけ、さわもだし)3種セットはこちら 】

(おまけ)農事組合法人アースコネクト おかわり必至、黄金色に輝く新米の季節

水がうまいと、米がうまい
西和賀ではそれが実感できます!

9月後半になると
田んぼが黄金色に色づき
あちらこちらで稲刈りが始まり
新米と聞くだけで
お腹が減ってくるのは私だけでしょうか?

新米は多くの水分を含んでいるので
いつもより少しだけ、お水を減らして炊くと
良いと教えてもらったことがあります。

雪解けの水で育ったお米は
1粒1粒が甘くて、それは美味しい!

新米のおにぎり!
家族みんなの「おいしい」が止まりませーん!

【 新米<先行予約受付10/20より発送>白米10kgあきたこまち「ユキノチカラ米」はこちら】

  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2022/09/22